1. トップ
  2. スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

  • ネイティブがぐっとくる英会話イメージ画像

    ネイティブがぐっとくる英会話

    中学英語で大丈夫!

    著者:
    リサ ヴォート∥著

    旅先で、レストランで、ショッピングですぐに使える! たったひとことでネイティブと仲良くなれる、おしゃれな会話集。相手の心を動かす魔法の英語フレーズを、例文とともに紹介します。

  • 世界一よくわかる新選組イメージ画像

    世界一よくわかる新選組

    著者:
    山村 竜也∥著

    魅力的な隊士たち、鬼の副長・土方の愛刀「和泉守兼定」、池田屋事件の真実、記録に残る幻の屯所…。ドラマやアニメ作品の時代考証家が、幕末維新を戦い抜いた新選組の真実の姿に迫る。「新選組検定」公認参考書。

  • 恋する日本史イメージ画像

    恋する日本史

    やまとなでしこ物語

    著者:
    山名 美和子/著

    歴史に残るほどの愛、命を燃やす生き様…。女だって英雄だった! 尽くす女、賢い女、やりとげた女などの性質別に、動乱の時代に生きた女たちをイラストとともに紹介。「週刊名将の決断」連載を加筆・修正して再編集。

  • 戦後70年にっぽんの記憶イメージ画像

    戦後70年にっぽんの記憶

    著者:
    橋本 五郎∥編 読売新聞取材班∥著

    空襲、疎開、被爆、引き揚げ、抑留と復員。別離や飢え、慈しみと裏切り…。戦中戦後の体験をつぶさに語る各界著名人のインタビューに加え、多くの写真や図表を収録。『読売新聞』掲載を単行本化。

  • 特攻セズイメージ画像

    特攻セズ

    美濃部正の生涯

    著者:
    境 克彦∥著

    太平洋戦争末期、航空戦力全軍特攻の方針を拒否した指揮官・美濃部正。自ら夜戦航空部隊を錬成、沖縄上陸米軍爆撃を敢行し、戦後は航空自衛隊の育成に尽力した。合理的精神と戦略的思考を持った名指揮官の生涯を描き出す。

  • 世界で働く人になる!イメージ画像

    世界で働く人になる!

    人づきあいと英語のスキルを劇的に上げる41の方法

    著者:
    田島 麻衣子∥著

    試行錯誤を経て英語を身に付け、世界の人との交流に学び、やがて国連機関の職員に…。これまで7カ国に住み、60カ国以上の人たちとともに働いてきた著者が、仕事で役立つ人づきあいのコツと、英語の学び方を実践的に伝える。

  • 働く人の夢 イメージ画像

    働く人の夢

    33人のしごと、夢、きっかけ

    著者:
    日本ドリームプロジェクト∥編

    働くってなんだ? 「しごと」ってなんだ? やりがいはどうやったら持てるんだ? ウェディングプランナー、花火職人、保育士、投資会社会社員など33人の働く人が、しごと、夢、きっかけについて語る。

  • 使いこなしてみたい大和言葉の形容詞イメージ画像

    使いこなしてみたい大和言葉の形容詞

    もっと気持ちが伝わる美しい和の表現

    著者:
    本郷 陽二∥著

    面映ゆい、仄暗い、糠味噌くさい、まめまめしい…。品よく、さり気なく、思いを伝える大和言葉の形容詞を、「心を表す」「色や香りを表す」「姿を表す」などのカテゴリーに分けて紹介します。

  • 文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方イメージ画像

    「つまり」はなくてもわかる。「したがって」は自然的、「だから」は主体的…。文章の方向を決め、決定的な影響を与える接続詞に注目し、より論理的(ロジカル)で明瞭な文章の書き方を解説する。

  • 強制収容所のバイオリニストイメージ画像

    強制収容所のバイオリニスト

    ビルケナウ女性音楽隊員の回想

    著者:
    ヘレナ ドゥニチ‐ニヴィンスカ∥著 マリア シェフチク∥記録 田村 和子∥訳

    もしもわたしにバイオリンがなかったら、アウシュヴィッツを生きのびることはできなかったでしょう。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の女性音楽隊メンバーだった著者が、強制収容所での生活などを克明に記す。