イベント

「いそっぷ詩(うた)」で日本語を遊ぶ
トークイベント
2017/11/03 (金)

詩人・谷川俊太郎氏と絵本作家兼イラストレーター・広瀬弦氏の対談を開催します。
詩集「いそっぷ詩(うた)」を介した、オリジナル「イソップ」の紹介と、詩人による詩の朗読も披露します。

 
時間:

14:00~15:30

場所:

中央図書館1Fイベントスペース

参加費:

無料

申し込み方法:

10/20(金)より1F図書カウンターにて参加券配布 (※お1人様1枚まで)

定員:

50名

講師/先生:

 

谷川俊太郎氏・広瀬弦氏

【谷川俊太郎(たにかわ・しゅんたろう)】
 1931年東京生まれ。52年、処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行。
 主な詩集に『旅』『ことばあそびうた』『定義』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『日々の地図』『よしなしうた』『女に』『世間知ラズ』『シャガールと木の葉』『私』 『トロムソコラージュ』『あたしとあなた』など。絵本や童話のほか翻訳も多数。

【広瀬弦(ひろせ・げん)】
 1968年東京生まれ。絵本・さし絵などで個性豊かな作品を発表している。
91年、絵本「かばのなんでもや」シリーズ(作・佐野洋子)で産経児童出版文化賞推薦、2000年、『空へつづく神話』(作・富安陽子)で産経児童出版文化賞受賞。母・佐野洋子との共作絵本に『かってなくま』など、谷川俊太郎との共作絵本に『まり』などがある。

主催:

海老名市立中央図書館

共催・協力:
問い合わせ先:

046-231-5152

ホームページ: