イベント

【有馬】第4回 東日本大震災をかたりつぐ
トークイベント
2020/02/15 (土)

野口田鶴子氏による朗読会です。

2011年3月11日。あの衝撃的な日から間もなく9年。
人々の記憶から震災が遠のいていると実感する中、
どのように、なにをかたりついでいくべきなのか、
一緒に考えるきっかけにしていただきたいと思います。

朗読作品(予定)

『釜石の風 照井翠エッセイ集』
     照井翠/著 コールサック社

『明日へ。東北の息吹 東日本大震災からの3年』
     榎並悦子/著 朝日新聞出版     より

 
時間:

14:00~15:30

場所:

有馬図書館 多目的室

参加費:

無料

申し込み方法:

1/15(水)から、直接または電話で有馬図書館へお申し込みください。

定員:

先着30名

講師/先生:

野口田鶴子(のぐち たづこ)氏

岩手県盛岡市生まれ。オペラ研鑽のためイタリアへ留学。

その間、方言で語られるイタリア古詩の美しさに魅せられ、朗読を始める。

以来、故郷の先輩である宮澤賢治の作品を語り続けている。

また東日本大震災以降、被災地の人々が発する言葉を朗読でかたりつぐ活動を続けている。

主催:

海老名市立有馬図書館

共催・協力:
問い合わせ先:

【有馬図書館】046-238-4646

ホームページ: