イベント

マーチャン NY国連に行く!81歳でゲームアプリを開発した若宮正子さんの楽しいチャレンジ♪
トークイベント
2018/04/22 (日)

60歳から独学でパソコンを学び、81歳でゲームアプリ「hinadan」を開発された

世界最高年齢のプログラマー若宮正子さん(マーチャン)。

昨年アップル社の「世界開発者会議」に招待され、政府の「人生100年構想会議」へも参画、

今年2月には国連での基調講演を全て英語でスピーチし、大喝采を浴びる今や注目のかわいいおばあちゃん。

「有り余っているのは好奇心」、「不足しているのは時間」と話される若宮さんのニューヨーク体験も合わせ、

人生を楽しむヒントを大いに語っていただきます。

対象:小学生以上

 
時間:

①10:00~11:30

②13:00~14:30

場所:

中央図書館1Fイベントスペース

参加費:

無料

申し込み方法:

中央図書館1F図書カウンターにて参加券配布中

※お1人様どちらか1席まで。

※はがきでの申込受付は終了しました。

定員:

各回70名(うち10名立見)

講師/先生:

若宮正子氏

1935年東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)へ勤務。

定年をきっかけに、パソコンを独自に習得し、同居する母親の介護をしながらパソコンを使って世界を広げていく。

1999年にシニア世代のサイト「メロウ倶楽部」の創設に参画し、現在も副会長を務めているほか、NPO法人ブロードバンドスクール協会の理事として、シニア世代へのデジタル機器普及活動に尽力している。

2016年秋からiPhoneアプリの開発をはじめ、2017年6月には米国アップルによる世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待される。

2018年2月には国連にて基調講演をし賞賛を浴びる。

安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の最年長有識者メンバーにも選ばれた。

主催:

海老名市立中央図書館

共催・協力:
問い合わせ先:

046-231-5152

ホームページ: