図書フェア

詩の世界

感じよう、詩の宇宙。耳をすませて、本の森。言葉が生まれた瞬間に、目の前に広がる世界。しんと静かな冬のひととき。

フェア対象図書はこちら

雪の日に、気づくと口ずさんでいる歌ってありませんか?雪の日は、いつもと違うホットドリンクが飲みたくなったりしませんか?いつもと変わらない寒い日でも、雪の日は、やっぱり少し特別みたいです。今年の冬は、「雪の日に読みたくなる本」も探してみてください。また1つ「雪の日の特別」が増えるかもしれません。

フェア対象図書はこちら

贅沢な時間

”贅沢な時間” お気に入りの香水の香りをコートの中で感じ、誰かを想うとき。あの人の顔を思い浮かべながら、食事の準備をするとき。思いもよらぬ場所で、美しい風景に遭遇したとき。丹精込めて作られた手仕事に出合った時。贅沢な時間には、”わたし”のHAPPYを一緒に共有して欲しいと思う、誰かがいるはずです。贅沢で特別な時間、そして暖かい時間を、あなたとともに――

フェア対象図書はこちら

世界の冬事情

こたつでみかんを食べながら、ふと、あなたは尋ねる。「こたつのない国の人は、どうやって冬を過ごしているの?」そんなあなたに見せたくて、わたしは”冬”を探します。凍てついた海、暖かな暖炉、雪に閉ざされた森、極夜のキャンドルライト、光りながら砕け散る氷河―― あなたがここにいたら、と何度思ったことでしょう。でも、あなたはこたつが大好きだから、わたしが代わりに旅をします。そして、あなたの知らない”冬”を持って帰ります。

フェア対象図書はこちら