イベント

「フィクション」の可能性 平野啓一郎オンライントークイベント公開配信
トークイベント
2021/02/07 (日)

小説家 平野啓一郎氏のオンラインイベントを開催いたします。
これまでの作品のテーマを振り返るとともに、文学を通じて考える現代の生き方などについてお話しいただきます。
イベント後半には各拠点から平野氏に直接質問できるコミュニケーションパートを用意しております。

※このイベントは全国6か所の図書館をオンラインでつなぎます。

※当館は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、完全オンライン視聴のみの受付です。

 
時間:

13:00~14:30

場所:

オンライン ZOOM

参加費:

無料

申し込み方法:

▼オンラインイベントにつきまして

海老名市立中央図書館のオンラインイベントは、Zoomを使って配信をいたします。

事前にZoomのアプリをダウンロードとしていただく必要がございますので、 お手数ですが、下記よりダウンロードをお願いいたします。

https://zoom.us/download#client_4meeting

 

▼オンラインイベントの申し込みにつきまして

オンラインイベントの参加に当たってはこちらのページの注意事項((https://ebina.city-library.jp/ja/info_page/3182))をご確認、ご同意の上、お申込みをお願い致します。

▼本イベントのお申込みから当日参加までの流れ

① 本イベントのお申込みはイベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて行います。

Peatix」にて参加券をお申し込み後、受付確認メールをお送りします。

その際、下記ドメインのメールを受信できるように、 迷惑メール設定から解除、もしくは受信設定をお願い致します。→@peatix.com

お申込みは下記リンクから 1月20日9時00分~受付開始

http://ptix.at/MFeScx

②後日、Zoomへの招待メールをお送りします。

③招待メールに記載されたURLのリンクからご視聴いただけます。

視聴の際に、お名前とメールアドレスの入力画面が表示されますので、ご入力をお願いいたします。

④当日は開始時間の30分前から接続可能でございます。Zoomのご利用が初めての方、視聴に不安のある方は早めにご確認をお願いいたします。

ご不明な点がございましたら「info@ebina-library.jp」に事前にお問い合わせください

定員:

40名

講師/先生:

平野啓一郎

プロフィール

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。

1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。

以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。2004年には、文化庁の「文化交流使」として一年間、パリに滞在した。
美術、音楽にも造詣が深く、日本経済新聞の「アートレビュー」欄を担当(2009年~2016年)するなど、幅広いジャンルで批評を執筆。2014年には、国立西洋美術館のゲスト・キュレーターとして「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展を開催した。同年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
また、各ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。

2019年に映画化された『マチネの終わりに』は、現在、累計58万部超のロングセラーをなっている。

2019年9月から2020年7月末まで、北海道新聞、東京新聞、中日新聞、西日本新聞にて、長編小説『本心』連載。2021年、単行本発売予定。

主催:
共催・協力:
問い合わせ先:
ホームページ: